英語を「読む」「書く」はどうやって身につける? 英語を「読む」「書く」はどうやって身につける?

今回はGrapeSEEDで学ぶLanguage Arts(「読む」「書く」スキル)についてご紹介します。

子どもたちが「読む」「書く」スキルを磨いていくと、文章や単語を読むことや書くこと、読書すること、作文する力がついていきます。
しかし、第二言語として英語を身につけるには、単に「読む」「書く」スキルのために作られた教材の学習をするだけでなく、
「聞く」「話す」スキルとも連動した4技能の土台を築く必要があります。

続き
映像で紹介!レッスンを通して学ぶ「英語の音」と「道徳観」 映像で紹介!レッスンを通して学ぶ「英語の音」と「道徳観」

年少(3歳児)向けの英語教育カリキュラム「LittleSEED」には
英語の重要な音や語彙、コミュニケーション表現が組み込まれており、
子どもたちが「英語って楽しい!」と思える工夫がたくさんあります。

「聞く力」を育てていくことはもちろん、
キャラクターと一緒に楽しくソングやストーリーを体験しつつ、
確実に英語力全体の土台を培っていきます。

続き
話せる英語教育のひみつ[第5弾] たくさん単語を覚えれば話せるようになる? 話せる英語教育のひみつ[第5弾] たくさん単語を覚えれば話せるようになる?

幼い子どもたちは、新しく学んだ言葉を自分の言葉として使えるようになるまでたくさんの体験を必要とします。
そのためGrapeSEEDでは、単語や表現を「数多く覚えること」ではなく、
その学習段階でよく使う単語や表現を厳選し、繰り返し学習して「定着させること」に重きを置いています。

では、子どもたちが"よく使う単語や表現"とはどのように選定され、
カリキュラムに組み込まれているのでしょうか?

続き