イベント情報

< 一覧へ戻る

カリキュラム説明会レポート

多くの園長先生方にご参加いただき感謝申し上げます。アンケートにご協力いただいたところ、英語教育を実施されている幼稚園は7割以上。しかし、ほとんどの園でのレッスン回数は週に1度。正課でいえば30分以下しか時間がとれないというのが実情のようです。実施はしているものの、子どもが少しも英語を話せるようにならないというのが、共通したお悩みのように見受けられます。


参加者アンケート

英語教育を実施していますか?

アンケート結果


レッスン頻度

アンケート結果


現状の問題点や課題は?

アンケート結果


話せるようにならなければ、子ども自身が英語を続けたいという意欲をなくしてしまいます。
GrapeSEEDのカリキュラムは、教材からクラス運用のノウハウまでをトータルに提供し、学園様における英語教育をバックアップします。
導入コーディネーターが、導入から運用までサポートさせていただき、専属トレーナーが先生方に成果のでるレッスン方法を指導させていただきます。

※ GrapeSEEDの教師トレーニングは、各園で採用された先生に対して行うものであり、GrapeSEEDから英語教師を派遣するシステムではありません。

「GrapeSEED英語教育カリキュラム説明会」にご参加いただいた先生からは、GrapeSEEDカリキュラムの概念について、成果への期待、教材やレッスン内容への納得など、多くの共感の声をいただいています。


成果への期待↓

  • 子どもが母国語と同じように英語を吸収していく過程は非常に理想的で、また、そうあるべきだと思います。
  • 英語で考える力を身につけさせる事が必要と思っているので共感しました。
  • 英語の独立した環境で指導するという説明に納得です。母語のように学ぶことは理想だと思います。
  • 「子どもたちが英語でコミュニケーションできるようになる」ということを英語教育のねらいとすること。
  • これを実現できるカリキュラムはGrapeSEEDしかないのでは?と思います。

教材への納得↓

  • 母語としての英語という捉え方での指導、日常会話における頻出ワードによる教材構成という2点に感心しました。
  • 頻出後を中心とした教材。子どもに生活の感覚で覚えさせる点が良い。
  • 教材としてよく整備されています。EEEの教材(CDとDVD)についてもっと知りたい。
  • 母語の習得と同様に第二言語である英語を習得できることが実証されている教材であるということ。

継続学習の実現性↓

  • 教材が小学生まで一貫して使える。
  • 子どもの英語力を育てる部分で共感しました。話せるようになるには日々の積み重ねだと思います。

毎日レッスンの可能性↓

  • 体から覚えることは共感できます。日本語を使わないで完全に子どもが楽しくレッスンできたら理想。
  • 歌やダンスなど、母語を習得するように、自然に身につくというのは非常に納得できた。

次回開催の「GrapeSEED英語教育カリキュラム説明会」にぜひご参加ください。
幼児英語教育の可能性を感じていただけることと思います。

TOP