導入の流れ

幼稚園・保育園・小学校での
導入方法

GrapeSEEDでは、カリキュラムをスムーズに導入していただくためにさまざまなお手伝いをいたします。ご検討時には弊社コーディネーターが学園様ごとの導入プランを提案させていただきます。
また、教師トレーニングも充実しています。いざGrapeSEEDを導入しても教材をうまく使いこなせなかったら、子どもが英語に興味を示さなかったら・・・先生のそういった疑問や不安を解消してからレッスンを開始していただけるので、幼児の英語教育は初めてという幼稚園やスクールでも安心して導入いただけます。


GrapeSEEDに興味をもっていただいたら


問合せ

GrapeSEEDの導入についてのご質問は、電話、FAX、E-mail、またはWebサイトのお問合せフォームをご利用いただけます。

説明会・見学会への参加

カリキュラム説明会、導入学園様での授業参観などを不定期で実施しています。
※参加は任意です。また参加いただくことで契約を強制することもありません。

個別相談

お客様の園に訪問させていただき、英語教育の実施状況または実施予定についてヒアリングさせていただきます。何でもご相談ください。

導入プランの検討

園のご希望や園児数にあわせて具体的なカリキュラムやコストを提示させていただきます。英語教育を成功させるためにも、じっくりと打ち合わせのうえご検討ください。

ご契約手続き


GrapeSEEDの導入が決まったら


教師トレーニングの受講

GrapeSEEDを導入いただくにあたり必ず、指導にあたる先生に教師トレーニングを受けていただきます。

教材の受け取り

カリキュラムの利用申請後に、教師用と生徒用それぞれの教材を人数分お送りします。

レッスン開始



GrapeSEEDのレッスンは


Unit 1からスタート

必ずUnit 1からスタートし、子どもが習った単語を会話で使えるようになったら、次のUnitへ進みます。Unitを次々進めたり飛ばしたりはしないでください。

REPの配布

GrapeSEEDは、子ども達が反復体験できるようにCDやDVDを用意しています。レッスン内容と連動しているので、反復練習によって理解度が増していきます。家庭でも英語に接する時間を習慣づけるよう保護者に説明してください。

REP(反復体験・反復練習)の詳細はこちら

子どもの理解度を把握

勉強だと意識させずに英語力をのばすカリキュラムです。
楽しいレッスンの中で、先生は子ども達の反応を注意深く観察して習得度をチェックします。一人一人をさりげなくフォローすることで、クラス全体のレベルがアップします。

GrapeSEEDのサポート

レッスン開始後の先生の悩みや迷いも心配無用です。Teacher Supportの受講など、さまざまなサポートをご利用いただけます。


TOP